お知らせ

院内研修に伴う休診のお知らせ

県外での院外研修のため

7月7日金曜日午後2時から7月9日日曜日まで休診とさせていただきます。何卒よろしくお願いいたします。

 

 


医院の移転について

やっと春めいてきましたが、寒暖の差が大きく体調を崩されている方も多いようですが、皆さんいかがおすごしでしょうか。

さて、開業から約2年半が経過し、当初より計画しておりました医院の移転が正式に決定いたしました。
場所は現在建設中の仮称表町西地区の再開発ビル1F、大手通に面したテナントです。現在の医院からは徒歩約1分です。
移転の時期は詳細に決まっておりませんが、平成28年11月末を予定しております。

今後も詳細が決定次第、HPや院内掲示でお知らせしたいと思っております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


歯科に恐怖心が強い患者さんの治療について

当院では歯科治療が困難な方の治療を積極的に行っております。

「器具を口の中に入れると吐き気がする」「尖ったものを見るのがこわい」「治療の椅子に座るだけで辛い」「親知らずを抜きたいが怖くて」などなど、歯科治療に悩みを持った方は沢山おられます。

当院ではカウンセリングをはじめ、ガスを用いた笑気吸入鎮静法静脈麻酔薬を用いた静脈内鎮静法(日帰り静脈麻酔)を併用した歯科治療をおこなっております(保険適用)。鎮静法を利用した患者さんの多くが「もっと早くこの方法を知っていれば良かった。楽に出来た」と話されます。なお、鎮静法の前後には飲食の制限や車の運転の制限についてなど、説明を受けていただく必要があります。

ご家族やご友人で歯科治療で悩んでおられる方がおられましたらお気軽にご相談ください。


読売新聞「歯削る機器、滅菌せず再使用7割…院内感染懸念」より

5/18 読売新聞の記事で
「歯削る機器、滅菌せず再使用7割…院内感染懸念」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140517-00050167-yom-soci というのがありました。当院では開業時より「見えないところこそ、手を抜かない」というポリシーを持って、滅菌・消毒体制に力を入れております。ホームページ等でこれを大々的にアピールしなかったのは、当然のことだと考えていたからです(レストランの「当店は毎回お皿を洗っております!」なんてないですよね)。

当院では、医学的根拠や様々なガイドラインに基づき口腔内に挿入する器械は「滅菌」また「高水準消毒」を行っております。もちろん歯を削る器械も県内ではまだ珍しい「DAC Universal」という専用の機械で患者様ごとに滅菌しておりますのでご安心ください。

小さな医院ですが、いろんなところにこだわっております。器材の消毒滅菌システムが気になる方は、ぜひぜひスタッフまた院長までお尋ねください。喜んで説明させていただきます!!


お子様の歯科治療について

近頃、歯科治療がうまく出来なくて困っているお子様の来院が増えてまいりました。当院は、小児はもちろん障がいをもつお子様の診療を積極的に行っております。

急患処置を除き、初診時から治療を行うことはありません。まずは保護者の方といろいろとお話した上で、トレーニングや治療の方針を決めさせていただきます。ご相談だけでも承っておりますので、お気軽にご連絡ください。


口腔内の細菌検査、唾液検査を開始いたしました

今月からサリバテストを開始いたしました。サリバテストとは唾液の機能や量、虫歯の原因菌の量などを調べる検査です。この検査結果から虫歯や歯周病のリスクを客観的に見ることが出来ます。検査時間は40分程度、費用は5000円です。

永久歯が生えてきたお子さんはもちろん、今まで繰り返し治療をされてきた方には是非おすすめします。お気軽にご相談ください。


カードが使用出来るようになりました

カードでのお支払いが可能になりました。ほとんどの会社が利用出来ます。保険診療から自由診療までお気軽にご利用ください。